FC2ブログ

2018 101234567891011121314151617181920212223242526272829302018 12















スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ミカンの話

急激に気温が下がりかなり寒くなってきました。
明日は雪が降りそうな雰囲気です。
今年もあと2週間となり本格的な冬の到来を感じます。
この冬は暖冬という予報でしたがどうなることやら・・・

いろいろ整理してたらムックの先代の猫(といっても今から17~18年前なのですが)の写真が出てきました。
名前はミカン。
茶トラで超おっとりな優しい猫でした。
自分で玄関を開けて出ることを覚え、仕方なく自由に出入りするままにしていました。

ある日出張を終え帰宅すると、ミカンが死んだとの家族の言葉。
突然の報告に声を失い促されるままミカンの亡骸に対面しました。
何がなんだかわからずただただショックだったのを今でも思い出します。

道路を横切ろうとして車にひかれ即死だったそうです。
横たわるミカンは前日までの面影もなく頭蓋骨が潰れ衝撃的な姿でした。

本当に命とははかないものです。
玄関を自由に開けられる状態のまま改造することもなく出入りさせていたこと。
道路を横切ることを知っており危険とは思いながら自由にさせていたこと。
最後の時に側にいてやれなかったこと。
後悔することばかりで、悔やんでも悔やみきれません。

その後飼っていた犬も死に、6~7年の間ペットを飼いませんでした。
我が家にはほとんど常に猫や犬がいたのですが、ミカンのことを引きずってしまい長い間飼う気になれなかったのです。
ムックを我が家に迎えたのは実は一大決心だったのです。

そのムックが家族になって早11年半・・・
時の流れの早さを感じますよ。

そんなミカンのことも知らず今もムックは幸せそうな顔をして眠っています(笑)

今日は古いミカンの写真をスキャンしてアップしてみました。
古い写真なのでかなり見苦しいですが・・・




ミカン・・・ムック以上にでかくて厳ついけどおっとりやさしい男の子でした
mikan0101.jpg




やはり外の世界を覚えると外の方がいいようで
mikan0201.jpg




大きなナリしていつもよその小さい猫に追いかけられてたっけ
mikan0501.jpg




ミカンのことを思い出すと今でも涙が出そうになります
mikan0301.jpg





応援クリックお願いします♪m(__)m



にほんブログ村 猫ブログ MIXグレー猫へ
にほんブログ村

人気ブログランキングへ



いぬのきもち&ねこのきもち


スポンサーサイト
[ 2015/12/16 ] ペット全般 | TB(0) | CM(14)

鈴mammy さん

いつもありがとうございます。

今は放し飼いにすると糞尿の問題とかうるさいですし、近所も昔ほど寛容ではないですからね。
事故に遭ったり帰って来なくなる猫も多いのですが、家の前で事故に遭うというのは飼い主にとっても試練ですね。

ムックはリードとかつけなくても大丈夫なので外に出た時もわりと自由にさせてます。
時々エリア外へ出たくなるようでギリギリの線から出ようとすることがありますが、声をかけて止めると向きを変えて戻ってきます(*^_^*)
いくら監視つきで狭いエリアとはいえ一度外を知るとやはり頻繁に出してくれ~とせがんできますよ(;^_^A
[ 2015/12/22 23:44 ] [ 編集 ]

こんばんは。
一昔前はネコさんでも自由に放し飼いが主流でしたものね~。
外の方が楽しのかもしれないけど、ミカンちゃんのように悲しい最期を迎える場合も多いはず。
でも、ムックちゃんはたまにお散歩連れてってもらって楽しいと思っているとおもいますよ(*´ω`*)
[ 2015/12/22 20:41 ] [ 編集 ]

oharumama さん

いつもありがとうございます。

運命というのはわからないものですが、どういう理由で愛猫を亡くしても必ず後悔はつきまとうんですよね。
仮に自分の家族として来なかったら野良猫になっていた可能性とか、それが原因で長生き出来なかった可能性もあるのですが、
自分の家族となって病気や事故で死んだら全ての責任を背負ってしまうんです。

愛していたのはもちろんですが、こういう事故等で亡くした猫ほど記憶が鮮明で強い感情が残るのは仕方ないのでしょうね。
自分の身を削られる以上の心の痛みがあります。

永遠に生きられる命はないのだからこそ、そのぶん次の命を大切に愛情を注いでいきたいです。

ミカンという名前はウチに来る前の飼い主がつけられた名前なんですよ(*^_^*)
大人になってからウチに来たのですが、私も最初この名前と見た目のギャップに笑ってしまいました(;^_^A
強面だけどすごくおっとりのんびりで優しい猫だったんです(笑)
[ 2015/12/21 23:33 ] [ 編集 ]

こんばんは!

JJKENTさんの
ミカンのことを思い出すと今でも涙が出そうになります
というお気持ちは痛いほどわかります。

どんなに大事にしてきても、なぜか?
後悔してしまいますよね。
私は最近思うのですが、後悔が大きいほどそのコのことを
愛してたんやろうなぁって。
私も、こまめの事は一生の後悔です。
いまだに記憶喪失になりたいなぁ~と思う事もあります。

でもその後悔があったから、にゃーごとまめたんには
同じ後悔は絶対にしないつもりです。

JJKENTさんも、それだけミカンちゃんのことを愛しておられたんですよ!!

ミカンちゃん
可愛い名前ですね。
強面のミカンちゃんですね 〈笑)
[ 2015/12/21 00:28 ] [ 編集 ]

シィクゥフク さん

ありがとうございます。

シィクゥフクさん優しい方なんですね^^
道路で車にひかれ亡くなっている猫ちゃんを片付けてくれる人はなかなかいません。
現実はカラスが寄ってくるだけじゃなく、続いて何台もの車にひかれ形もなくなってしまうのが大半です。

体格の良い茶トラ・・・まるでミカンそっくりですね。
なんかミカンを助けてもらったような気がします(*^_^*)

ミカンは我が家の前の道路でひかれたんです。
ひいた車の運転手が車を止めて降りてきたらしいです。
すぐに母が引き取ってウチに連れて帰ったので、他の車に何度もひかれるというような目には遭わずにすみました。

顔はミカンとわかるような状態ではなく惨い状態でした。
それでも最後に対面し自分で弔ってあげることが出来たのはせめてもの救いですね。
いずれ終わる命・・・
ほとんどの場合飼い主より先に逝ってしまう愛猫との別れはどこかで覚悟しておかねばなりません。
突然の死はなかなか冷静に受け止められませんが現実として受け止めなければいけません。
ミカンはかけがえのない時間と思い出をくれましたし、最後に大切なことを教えてくれました。
我が家の家族になって幸せだったと思ってくれたなら救われます。

ミカンのことは忘れませんが、今はムックに目一杯愛情を注いで見守っていきますよ(*^_^*)
[ 2015/12/18 23:26 ] [ 編集 ]

はじめまして。
昔の話しですが・・・
外出先の脇道で車に引かれ亡くなってる茶トラ猫に遭遇しました。
民家が立ち並んでる所でしたが、どなたも片づける感じもなく
道の真ん中に横たわっていて、カラスが集まりかけてました。
首輪はしてなかったけど、体格の良いぽってりした体つきの
大きい猫さんでした。
野良ちゃんでないとしたら、飼い主さんに会えないまま、
そして飼い主さんが知らないいまま姿を消して逝く事になります。
ミカンちゃんの最後に側にいてあげられなかった事を
悔やんでおいでですが、そのからだはお家に帰る事が出来て、
JJKENTさんに見とどけられて天国に行けたので、
その事はミカンちゃんはちゃんと分っていると思います。
遭遇したその猫さんは、私と友達とで箱に入れて、
市役所だったか駐在だったかに電話しました。
いつか必ず終わる命、私も覚悟してうちのにゃんこを
め~いっぱい可愛がろうと思ってます^^♪



[ 2015/12/18 15:13 ] [ 編集 ]

大五郎ママ さん

ありがとうございます。

ミカンとそっくりな猫ちゃん飼ってらっしゃったんですね!
ある日突然帰って来なくなるのもつらいものです。
ウチもミカンの前に飼った猫が帰って来なくなりました。

ミカンは超おっとりで外見とは違い弱弱しい子でしたから思い入れが強かったのかもしれません。
ましてや最後があんな無残な姿でしたから・・・

現実的には外に出ることを覚えた猫を閉じ込めることは無理だし、猫にとってもしあわせなことじゃありません。
だから当時の判断は仕方なかったのだとは思います。
それでもやはりあんな結果になると後悔ばかりなんですよね。
ミカンがウチで暮らして幸せだったと思ってくれてたらいいのですが。

今までウチで暮らしたどの子も可愛いですし思い入れはありますよ。
そしてムックはムック。
甘えん坊のムックに精一杯愛情を注ぎ老後を見守っていきたいと思います(;^_^A
[ 2015/12/18 00:27 ] [ 編集 ]

小泉ヤクモン さん

ありがとうございます。

一度外の世界を知ってしまった猫を家の中に閉じ込めるのは、非常に難しいことでもあるし猫にとってのストレスは半端じゃないですよね。
だから当時自由にさせていたのは間違っていない判断だと思ってはいたのです。
しかし、現実に惨い最期を目の当たりにすると後悔ばかりになってしまいます。
せめて外見上何も変わりなく眠るように逝ってくれてたら少しは救われるのでしょう。

あまりにもおっとりで弱い子だったので特別な思い入れもありました。
ウチの家族になって生活した時間を幸せに思ってくれてるのかな・・・

ウチにいたどの猫が一番とかはなく、みなそれぞれに愛情を注いだ大切な家族です。
今は甘えん坊ムックに目一杯愛情を注ぎ、ムックの老後を見守っていきますよ(*^_^*)
[ 2015/12/18 00:16 ] [ 編集 ]

ゆりっぺ さん

ありがとうございます。

外の世界を覚えてからは本当に外が大好きで頻繁に出てました。
一度外の世界を知った猫を閉じ込めて飼うのは難しいし、猫にとっても甚だしいストレスになりますからね。
後悔することばかりですが、その時は自由にさせていたのが一番良いと思ってたのです。

最後の姿があまりに無残で・・・
せめて何も外見の変化なく眠るように逝ってくれてたら少しは救われるのかもしれません。
今でもあの姿が頭から離れませんよ。

ウチの家族となって過ごしたことを幸せに思っていてくれるのかな・・・
[ 2015/12/18 00:05 ] [ 編集 ]

maimai さん

ありがとうございます。

猫は一度外の世界を知ってしまうと、もう家の中だけで我慢なんてしませんからね。
玄関の開け方を覚えた後は自由自在ですよ(苦笑)

あの無残な姿はいつまで経っても頭から離れません。
せめて見た目には何も変化なく眠るように・・・だったら少しは救われるのかもしれません。

ミカンはあまりにもおっとりでおとなしい子でしたから特別な思い入れがありました。
後からあれこれどれほど後悔してもミカンは帰って来ません。
せめて幸せだったと思ってくれてたらいいのですが・・・

猫の幸せっていったい何なのかって考えたりしますよ。
外を知った猫にストレスや不満ばかり感じさせて閉じ込めて大事にしても、それは猫にとっては幸せじゃないでしょうから・・・

ミカンはミカン、ムックはムックです。
もちろんムックも大切な家族ですから、更に愛情を注いで一緒に生きていきますよ(*^_^*)
[ 2015/12/17 23:57 ] [ 編集 ]

昔、茶トラのネコを飼ってました。トラっていいます。
ミカンちゃんとそっくりでした・・・。

いつも鳥や虫を捕まえてきて庭に並べ、猫集会をうちの庭で開いてました。
毎日うちに帰ってきてた子がある日突然帰ってこなくなりました。本当に可愛い子でした。

私も、小泉ヤクモンさんと同じ思いです。。。
ミカンちゃんはこんなにJJKENTさんに愛されて本当に幸せだったと思います。

そして、こんなに優しい飼い主さんに出会うことが出来たムックちゃんも
最高に幸せだと思います。
[ 2015/12/17 21:57 ] [ 編集 ]

No Title

こんにちは。

外で怖い思いをいっぱいしてきたはずなのに、頑として家に入ろうとしない猫もいます。

外猫や、家の内外を自由に出入りする猫に、心配の種は尽きません。

でもね。
外に出たがる猫を無理やり室内に閉じ込めることが、当人にとって幸せなことだとはとても思えないのです。

結局はにゃんこ自身の意思を尊重してあげることしか出来ないと思います。

そう考えると、ミカンちゃんの死は、誰にも防ぎようがなかったと思うのです。

ミカンちゃんは家の中と外の世界を自由に満喫し、いまだにJJKENTさんの心の中に生きている、幸せなにゃんこだと私は思いますよ。
[ 2015/12/17 11:03 ] [ 編集 ]

ミカンちゃんかわいい。
お外を満喫しています~っていう感じがします♪
外の世界の解放感はお家とは比べ物にならないですものね。


JJKENTさんとても辛いお気持ちだったと思います。
我が仔の最後の日を想像すると私も今から辛いですが・・・
でも、こうしてミカンちゃんを今でも思い出し涙し、
ブログに書いてもらえてミカンちゃんは幸せな猫さんです。


[ 2015/12/17 10:51 ] [ 編集 ]

ウチも先代猫が脱走する子でした。
ビビリさんだったので、たぶん車が通るところは歩かないだろうな
と勝手に思っていたけど、帰ってくるまでは心配でした(>_<)

前日まで元気だった子がある日突然いなくなってしまうのは
とても辛いことですね(;O;)

最後のことを思い出すと、悲しく、後悔ばかりかもしれませんが
ミカンちゃんとの楽しい思い出を胸に、ムックちゃんとの今を
幸せに過ごしてください。

ミカンちゃんは家族のみんなに愛され、幸せな猫生だったと
思います(*^。^*)
[ 2015/12/17 02:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://jjkent.blog.fc2.com/tb.php/136-382226b5


















上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。